医療関係者の皆様へ

1型糖尿病患者さんと関わっていらっしゃる
医療スタッフの皆様へ

昨今、様々なインスリン製剤の開発とともに治療の選択肢が広がり、患者さんの生活を治療に合わせる時代から、治療を患者さんの生活に合わせる時代に変わりました.その結果、患者さんのQOLは大きく改善されてきました。一方で、様々な治療法に戸惑ってしまうことがあります。医療スタッフによるアドバイスももちろん大切ですが、患者さん同士の情報交換により解決できることが少なくありません。このため、全国には多くのヤングの会が存在します。しかし、若い患者さんが患者会に一人で参加するのは容易なことではありません。

そのような状況におきまして、数年前から大阪地区では大阪糖尿病協会後援のヤング糖尿病を対象とした公開行事(名称 DM VOX)が年3回、開催されており、peer counselingの場として多くのヤング1型糖尿病患者さんに支持されております。関東からもこの会に参加された患者さんが少なくありません。また、横浜のヤングの方々から当地での設立希望があることを神奈川糖尿病協会に相談したところ、同協会の後援のもとにパイロット的に立ち上げる了承を得ることができ、 平成19年7月15日に第1回目のセミナーを開催致しました。100名以上の多くの方々に参加していただき、反響の大きさに驚いています。

今後も定期的に年2回(1月、7月)に開催していく予定です。常日頃、1型糖尿病患者さんと関わられている医療スタッフのみなさまから、ヤングの患者さんにこの会の存在について声をかけていただき、是非とも参加していただけたらと思います。又、患者さん一人では参加が難しいかなと思われる場合には、スタッフと一緒に参加されても構いません。

この会は、講義形式だけではなく、患者同士のグループディスカッションを行います。医療スタッフの皆様にも患者さんと共にグループへ一緒に参加していただきます。ディスカッションは患者さんの本音や日常生活での工夫点等を話し合う場であるため、患者さんだけでなく、スタッフにとっては1型糖尿病患者さんの生活や本音を知ることができるよい機会でもあると考えております。
大変お忙しいこととは存じますが、ポスターをダウンロードしていただき患者さんにお渡しいただければ幸いです。
最後になりましたが、是非このような会にご理解頂き、ご協力頂きますようお願い申し上げます。

YOKOHAMA VOX開催実行委員